タグ:サッカー・コミュ ( 43 ) タグの人気記事


《練習》 2009年6月27日(土)の練習報告

News: 幸運にも芝生で練習ができましたよ。(Goodな既成事実発生。)

理由は、ホッケー場でミニサッカートーナメントが開催されていたため。

本来であれば土グラウンドでの練習となったのですが、他チームがすでに芝生で
練習をしていたために、航・快が交渉してくれて芝生でできる事になりました。

渡邉兄弟ありがとう。

やはり、芝生でサッカーは気持ちよかった。 また、やりたいですね。

今回はグラウンドキーパーが若い人だったのでよかった。次回また彼の時にチャンスあり。

【参加者 16名】
 ビブなし:カズヤ、メンツェル、航、昌太、本田、エノヤン、小池、ひげ中
 ビブあり:成瀬、西村、ネジ、籠谷、寺、白鳥、快、俊輔

 Euro-Jに参加した人は、まだ疲れが残っているようでした。 思ったより参加者が少なかったのがちょっと残念でしたが、それでもEuro-Jのいい余韻が残っていたと感じました。

  ボールがよく回り、みんながパスをもらうためによく走り込み、いいサッカーできていたと思います。 Euro-Jに参加したのが無駄ではなかったですね。スペースを広く使える余裕が出来てきた気がしました。 サッカーの質が向上しました?(欲目?)

ただ、最後の話でカズヤコーチからもあったように、まだまだ声が出てないというのがFCFJが克服しなきゃいけない課題ですね。 

【声が必要な理由】
①チームに活気が生まれる。←これはデカイ理由!!
②自分の位置を味方に知らせる。
   1.フリーな時にはパスをもらえる意思表示。
   2.自分の位置を教える事で、攻守における各人のポジション取りを確認させる。(安心させる。)
   3.敵が攻撃で移動してきたときに、見方の位置がわかるのでマークの受け渡しがスムーズになり無駄な動きを無くせる。
③敵に存在を知らせ、自分を意識させる。そして、状況によっては他の人へのスペースを作る。(Off the ballの意識)

とにかく、声を出す事によって、見方が何処にいて、何をしたいのかが理解し易くなり、パスの選択肢と状況判断スピードを加速させることができます。 これは、自分だけだと目の前の状況でしか見えないことも、みんなから色々と情報をもらうことによって、自分では気が付いていない選択肢を手に入れることができるからです。

声を出す事は、みんなに情報を提供することなので、この点を意識しましょう。 さすれば、ボールも必然的によく動くようになると思います。

この点、次回の練習で意識しませんか。

練習に参加された方々、コメントで補足よろしくお願いします。

ひげ中

[PR]

<対外試合> 2009年6月20日 EURO-J CUP Amsterdam

本日Euro-J Cup 2009 in Amsterdamにおきまして

FCFJは、堂々第3位の成績をあげましたので御報告します。

残念ながら優勝は逃しましたが、優勝したパリ アストロFCにFCFJは3対0で圧勝しており、優勝してもおかしくない実力でした。

不運にも準決勝JFC(Dusseldorf)の対戦で得点できず、1得点を許してしまいました。 この試合が残念な敗戦となってしまいましたが、それ以外の試合は無失点試合が多く、非常に攻守ともバランスよく、みんな非常によく走り、シュートで終わる形を多く作り上げることができたのは練習の成果だと思います。

来週から新たな目標を決めて、またみんなで楽しみましょう。

【Euro-J結果】
優勝: パリ アストロFC
2位: JFC ( デュセルドルフ)
3位: FCFJ
4位: プラハ アマテラス

MVP : JFC ヨシノ 5得点
少失点キーパ: FCFJ 有村

取急ぎ 中川

d0135799_7555339.jpg

[PR]

by fcfrankfurtjapan | 2009-06-22 16:21 | 対外試合

<練習> 2009年6月6日

初めてブログに書き込みします。昌太です。


今回は雨で土砂降りだったにもかかわらず外でミニゲームをしました。
やはり皆さんサッカーが好きなんですね(笑


皆各自でアップを済まし、試合へ

チーム分けは若者チーム(ビブあり)とベテランチーム(ビブなし)でした。

若者:航さん、かずやコーチ、いっせいさん、スッチーさん(途中出場)、俊輔、昌太

ベテラン:西村さん、中川さん、千勝さん、籠谷さん、ネジさん、新田さん(途中出場)、古川さん

最初の2本ではビブありチームがDFを一人残し全員前に上がってしまったのでカウンター攻撃やパスミスでの失点が多かったです。

一方ビブなしチームは一人多かった分ボールをうまく回し、カウンター攻撃への切り替えしが速かったと思います。

ビブありチームの前半での反省点
以前新田さんがブログで書かれたように守備意識が低かった
パスが多くシュート数が少なかった

2本目以降ではビブありチームにスッチーさんが加わり、シュート数も増しました。
中央ではいっせいさんがポストになったりして得点を重ねていきました。

ビブなしチームに新田さんが加わってからはビブなしチームが主導権を握っていたと思います。
中央で新田さんが自らドリブルをしてシュートを打ったり、サイドにパスして点を狙う姿勢がありました。

最終的には新田さんがボレーシュートを決め、ベテランチームが勝ちました。

今回おもった自分の反省点は

声が出てなかった
周りの動きを良く見ていなかった
パスミスが多かった
守備意識が低かった など

まだ新米で学ぶことはたくさんありますが厳しく指導してください。

ユーロJまであと2週間ですが怪我しないようにして、優勝目指して頑張りましょう

昌太

[PR]

<対外試合> 2009年5月23日 対お隣のドイツ人戦

今回はお隣のドイツ人チームと練習試合を行いました。

ユーロJに向けてのチーム分けをしました。

行くチームA:てらちゃん、チカツさん、加藤君、にったさん、イツ、たかさん、かごさん、ほんださん、市ノ瀬さん、中川さん、アリンさん

行かないチームB:しょうた君、シェフ、メンゼルさん、しゅんすけ、加藤さん、小林さん、ケンゾー、などなど

一本目はAチーム:ドイツ人
試合開始10分過ぎ、お互い体が温まって来た時に新田さんとドイツ人が接触し、新田さんが目の上を切る重傷を負ってしまいました。新田さんを病院に送るということでアリンさんも欠場したので、そのままBチームが入れ替わって試合をしました。
結果0-0の引き分け。

二本目、三本目はAチームとBチームを混合しました。
結果、二本目1-1、三本目1-2でした。

感想:ドイツ人チームのプレッシャーはそこまでキツくなく結構余裕をもってトラップすることができましたが、つめてくる場所ではしっかりガッツりとつめてくる、というのが印象的でした。相手の攻撃は一度トップにあててしっかりキープして二列目三列目が仕掛けてくるといった感じがしました。

自分はデュッセルの練習試合に参加していなかったので前回と今回の試合を比較できないので、試合後のミーティングのコメントをここにのせておきます。

デュッセル戦でできていたトップにあててからサイドに捌き崩すといったことが今回はできていなかった。
試合前のミーティングでどのような戦術を試すのかなどをもう少し綿密に話し合うことが大切。

これは個人的に感じたことなのですが、パスミスの多くが受け手側の指示不足だったので、受け手側はヘイっ!だけでなく、ボールを足下に欲しいのか、裏に走り込んでもらいたいのかをもう少し細かく要求することが大切なのではと思いました。今後、そういった内容を盛り込んだメニューを練習に取入れてみてはいかがですか?

正直、暑さのせいか試合内容を全く覚えていません。皆さんコメントで補填して下さい。


兎に角、今回もとても楽しくサッカーさせて頂けたのでFCFJに感謝です。
ごつぁんゴールごちそうさまでした。

イツ

d0135799_21292320.jpg

[PR]

<練習> 2009年5月16日

ロイヤル手前、ワインを飲めば人知れず前後不覚の ふるさん です。
今回は5月16日の練習をきっかけに、ちょっと個人的に思うところをぶっちぎりの文章力で述べさせてください。

【アップから練習】

アップは二人一組になってトス&キック。この練習は基本中の基本ですが、足にボールが当る感覚を確認するには最適な練習の一つだと思います。インサイドだけでなく、インステップや利き足でない方に重点を置いて練習をするとかちょっとした工夫でボールによりボールになじめますね。

その後は、サイド・ディフェンス・シューターの三組に分かれてのシュート練習。
私はこの練習は加わっていなかったので他の方にコメントをお願いしたいですが、横目で見ている限りでは、シューターがサイドにパスを出して前線へ。ディフェンスはシューターのポジション取りを意識しながら動き、サイドからのセンタリングが上がってきた際にシューターと競り合う、って感じでしょうか???

この練習はそれぞれのポジションを担当する人が何を意識して動くのかを理解しないと、流してやってしまう練習のように思えました。普段ディフェンスをやっている私にとっては、ディフェンスの人の目的は何か、についてちと疑問を感じました。センタリングを防ぎにいくわけでもなければ、シューターと積極的に競り合うわけでもない、言い換えれば‘ただ走ってサイドとシューターの間にいる動くカベ’の印象が強かったです。

【ゲーム】

ひと通りアップ&練習を行った後は、ざっくりと‘EURO-J行く組(ビブなし)’と‘それ以外(ビブあり)’の2チームに分かれてのゲーム。最初はハーフコートを使ってのミニゲームを数本。その後はハーフコートのままで、片方のサイドにはミニゴールを2つ置き、もう一方は大ゴールを置いての変則ゲームを数本。

結論から言って、勝負はほぼ互角。どちらかが入れればもう一方が取り返す、という感じの流れだったので、果たして何点入ったのか、そして誰が入れたのか正直あまり覚えてません。

ただ、前半の通常のミニゲームと比較して後半の変則ゲームに関しては、ゲーム前にビブありチーム内では‘これって何が目的だろう?’という会話もあり、結論のないままゲームに突入したので、ゲームをしながら動きを修正していく感じでした。

両チームとも声も出ていたし、玉回しも落ち着いていたし、素直に‘いい感じじゃない!?’と言えるゲームなのでした。

が、、、私の言いたいことはここからであります!

【雑感】

今回の練習では私は通常通りディフェンスをやってましたが、少々充実感には乏しいものでした。
これは私が肋骨の具合を見ながらゆるりとしたプレーをしていたせいもあるかもしれないですが、それだけではないかもしれないので理由をいくつか。

1.目的がはっきりしない

練習であれ、変則ゲームであれ、それをやるのは何を得るためにやるのか、その目的を明確にする必要があるでしょう。FCFJは個々人のレベルや参加している目的も異なるのでそこまで堅く考える必要もないのかもしれないですが、少なくとも今はEURO-Jでの優勝を目標にしているはずですね。

であれば、この練習・ゲームをすることで、それぞれのプレーヤーがこういう動き・判断を学んで欲しい、とか何らかの課題を事前に共有することが大切だと思います。

チーム力とは個々の力が集まったものであるが、個々の力は目的を共有しなければ強くならない。

これは私が仕事でも常々行動規範にしていることですが、目的を共有していないときのチームはそれを構成しているメンバーのスキルとは関係なく、あまり有効に機能しないものです。だから話し合いでもリーダーからのメッセージでもいい、‘こういうことをやりたいんだ・やろう’という目的を共有できなければ、ただボールを蹴っている時間を過ごすだけでもったいないと思う。

2.ゴールへの執着心

ディフェンスをやっているとしばしば感じることですが、我々はゴールへの執着心は薄いと思います。

サッカーは基本的に点取りゲーム。つまり、いかに多く点を取るか、点を取られないか、この二点に尽きるでしょう。FCFJでは普段GKなしのミニゲームに慣れているので、全ての人を抜いてからシュートを蹴りこむのはいささかお行儀が悪い、という雰囲気を感じることがあります。これは‘完全に崩す’ことができた場合にはいいのですが、そうでないときにはディフェンスとの競り合いの場でゴールに迫る気迫をあまり感じず、結果シュートで終われないプレーが多くなる傾向にあると思います。

ディフェンスとしては、‘あ、はいっちった’のゴールより‘やられた。でも次はどうやって止めようか?’と考えさせてくれるオフェンスがいい。執着心のあるオフェンスは、ディフェンスにも集中力を求めるし、それをゲームの中で繰り返すと本当に体が覚えてくれるんですね。

だから、私個人としては‘完全に崩して、ボールを置きに行くゴール’よりは‘とにかくシュートで終わるプレー’の方が実りあると思ってます。特に今のEURO-Jを目指している段階では。

【最後に】

もしかすると‘そんなに熱くなるなよ’という方もいるかもしれないですが、せっかくの機会ですので私の思いを述べさせていただきました。読み返すと文章力も何もないのが分かるのですが、何がしかばちこーんと皆様の心に響くものがあればそれでいいのかな、と言いっぱなしにしておきます。

では、皆様コメントをお願いします。


[PR]

<練習> 2009年5月9日

初めてブログ投稿任されました。 たくみ(松澤)です。
書けること書いていこうと思います。


さて、EURO-Jのことを考えると、こんな感じに練習できるのもあと何回か…でしょう。改善すべきところを見出したり、連係/個人のプレーの再確認をしたりするのにいい時期です。



先週の練習で行った「猫じゃらし」(?)を今回もウォーミングアップに取り入れました。

この練習法は基礎的なことですけど、試合中に完璧に同じことをするのはやはり難しい。先週、かずやコーチからのアドバイスを心の中で暗唱しながらでのトライ。

次のプレーのイメージを頭に浮かべつつ、ボールを受ける体勢を整えつつパス回し。

そして、皆からだが温まったところで試合へ。


チーム分けはEURO-J参加組(ビブなし)と不参加組(ビブあり)でした。

それで肝心の試合内容ですが、最初の2本では参加組がうまくボールを回せていて、中央からでもサイドからでも点を狙う姿勢がありました。

中央では寺さんがポストになったりして、必要なところにいつもサイドなどから誰かが走りこんだり、待機したりと、猫じゃらしの効果が出たのか、効果的なパス回しを披露。

さらには、後ろに戻してサイドに散らしたりと、後ろからの組み立てもしっかりとしていました。やはりゲームを作るのには後ろがしっかりしていないとだめですね。


→  もちろん、意図してそういうプレーを心がけていたかどうかはわかりませんが、意図していなかったとしてもゲームの展開の仕方としてはいいものが見れた気がします。

そして、スペースに走りこむ動きができていたビブなし側は、守備時のスペースの消し方も
っかりできていて、攻守の切り替え時の移動距離が短かったのもその的確な位置にいたおかげかな、と。



2本終わったところで気づいたこととしては、やはり全体(特にビブなし側)の運動量が落ちてきたということ。2本やれば、運動量も必然的に落ちますが、その状態でどこまで集中力を切らしてできるか。

ポジションの変更のせいでもあるかもしれませんが、ビブなし側のパス回しの精度が落ちてきたのは感じました。

それもあって、3本目からはビブあり側が試合の主導権を握ってた時間帯がありました。実際、その時はビブあり側が数得点。

なぜ得点できたかといえば、サイドの深い位置にスペースができていたのを効果的についた結果なのではないかな、と。  

それと、自分が言えることでもないのですが(苦笑)、集中力がきれたのか、終盤の2ゴールくらいは自陣深いところでのパスミスなどに起因していたものでした。

最後まで適度な緊張感を保てれば試合をうまく締められるのではないかな、と。

ちょっと感じたこと:
試合内容は、週を重ねる度に濃密な内容になってきている。
試合の合間での「修正」が効果的で機能している
チーム全体の士気が上がっている

今回の練習でもそうでしたが、ちょっとしたアクシデント的なこともあるので大きなけがしないように注意していきましょう。まあ、注意しようがないのがアクシデントというものですけれど…(苦笑

それでは
たくみ

[PR]

<練習> 2009年5月2日

初めてブログに書き込みします。ロイヤル最年少のカシ(柏村)です。



3連休の中日、気持ちの良い晴天で参加者は16名でした。

いつものように最初30分は基礎練習、その後はミニゲームです。



【基礎練習】

約5x5m~7x7mのスペース内で3対1や4対2の猫じゃらし。(←一般的に何という練習名ですかね?)

ボールを追いかけける1名もしくは2名は15本連続のパスが通らないように結構必死でボールを追いかけ、息が上がり身体も暖まったと思います。



途中休憩を挟みながら”かずやコーチ”が皆に良いアドバイスをしてくれました。

①見方がボールを持っている時は見方がパスを出しやすい位置までしっかり動く。

②見方らかボールを受ける時は、次に自分がパスを出しやすい体制でボールを受ける。



特になるほどと思ったのは②.一歩余分に動いてパスを受けるだけで次の行動(パスを出したり、ドリブルしたり)の余裕が全然違ってくること。

ゲーム中はきつくてその一歩が時々出ないのですが、練習でその動きをしっかり見につけ、ゲーム中も自然とそのように動けるように練習していきましょう!



【ミニゲーム】

ビブなし:中川さん、かずや、しゅんすけ、たくみ、いっせい、かとうさん、千勝ちゃん、寺ちゃん

ビブあり:デニス、しょうた、タカさん(2本終了後に退場)、イツ、メンツェンさん、本田さん、こう、カシ



結果は凸凹あれど、最終的には15分x4本で同点ぐらいだったと思います。

前半はビブありチームが優勢、後半はビブなしチームが優勢の流れでした。



ビブなしチームは多分かずやコーチがゲームキャプテンをやっていたと思います。

詳細の作戦などは、ビブなしチームの方コメント下さい。相手から見ると、チームの悪いところに修正をかけて、毎ゲームごとにチーム力がアップした感じです。

特に寺ちゃん、トップらしい良い動きをしていましたね。



ビブありチームは航がゲームキャプテンでした。方針はEURO JーCUPもあと2ヶ月に迫ったので、ある程度ポジションを固定して

ポジションの適正判断や得意なポジションでのステップアップを課題として、あまりポジションを変えずに最後までゲームを行いました。

シーズンオフには色々なポジションをやって自分の得意不得意を確認するのも良いですが、大事な試合の直前は今回のように得意なポジションで、課題は何かを

確認するのも良いかなと感じました。



全体を通して最近よく感じること

・非常にチームの雰囲気が良くなっている

・皆まじめに練習、ゲームに取り組んでいる

・その結果、チームとしてすごく良いゲームを展開している(チームの流れが悪い場合も修正できるようになっている)



天気の良い日が多くなる反面、暑くもなってきました。

水分補給などもこまめに行い、怪我だけでなく体調の管理にも気をつけ、毎週楽しく練習続けましょう!

以上
カシ

[PR]

<対外試合> 2009年4月26日 対REDS戦

2009年度最初の対外試合(ユーロJに向けの強化試合)をデュッセルドルフのREDSと行いました。

まずは参加者:にった、かずや、西村さん、かごちゃん、ちかつさん、本田さん、柏村さん、俊輔、寺ちゃん、いっせい、快ちゃん、杉山さん、ネジさんの13名。

30分x3本の試合を行い、結果は3対1(2-0、1-1、0-0)でFCFJの勝利!!!
得点者:にった2点、寺ちゃん1点

ポジションは1試合目 :GKネジさん、3バック柏村さん、かごちゃん、本田さん、ボランチ2枚で快ちゃんと西村さん、ハーフは左にった、真ん中俊輔、右かずや、2トップは寺ちゃんといっせい

このポジションはタカさんの案を実行してみました。ご本人は不安ということでしたが非常にゲームとして機能していたと感じましたし試合も4、5点入る勢いだったと思います。
開始3分で2点取ったということでチームとしても落ち着いて試合運びができたんではないでしょうか。

2試合目 : GKネジさん、4バックで本田さん、杉山さん、かごちゃん、ちかつさん、ボランチかずや、MFは右西村さん、真ん中2枚でにった、快ちゃん、左俊輔、トップは寺ちゃん

その試合はにったが絶好のチャンスを2本はずし結果としては1-1で試合内容も1試合目とはがらりとかわり、REDSの方が優勢に試合を進めていました。
ただこの試合を落とさなかったことが大事だったと思います。
寺ちゃんの体を張ったうまいシュートで参加後FCFJ初得点!!!

3試合目 : GKにった、3バック柏村さん、かごちゃん、本田さん、中盤、杉山さん、ちかつさん、西村さん、俊輔、快ちゃん、2トップかずやといっせい

この試合に関しては、2試合目が悪い流れだったため、それを修正できるかが一つのポイントだったと思います。そういう意味では試合の流れをとり戻せてなおかつ得点は入らなかったですが多くのチャンスを作っていたので、あとはシュートの精度(特に書いている本人ですが)を上げていければもう少し多くの得点が入る気がしました。

総評 : 全体としては今回の試合はチームとしてすごくいい方向に向かっていったと感じました。
     特にバックラインに関しましては2試合目に4バックに替えてやりずらそうだったので、うしろのメンバーと話し合って3バックに替えてその結果、最終戦は無失点。特に危ないシーンもなくキーパーをしていても安心してみていられました。
     またタカさんも試合に参加できなく残念でしたが、ポジション案を出していただきチームとして皆が一つのことに向けて頑張ろうとしていることに感銘を受けました。
     試合中の雰囲気も良く、皆で声を出してカバーできる環境が揃ってきたのではないでしょうかと感じます。

     6月20日がユーロJの大会になりますが、皆さんチーム一丸となって優勝目指して頑張りましょう!!!

それでは皆さん、書き込みお願いします。

BY にったコーチ

d0135799_1839295.jpg
d0135799_18392046.jpg

[PR]

by fcfrankfurtjapan | 2009-04-27 13:43 | 対外試合

<練習> 2009年4月18日

この日は翌週試合を控えていることもあり、試合に行くメンバー(ビブあり)対行かれないメンバー(ビブなし)での試合となりました。
たまたま人数も同じくらい集まり、非常に内容の濃いゲームが出来たと思います。
結果から言うと、3対1でビブなしチームの勝ち。

試合内容はというと、最初のゲームからどちらかというとビブありの方がボールキープをしていたと思いますが、肝心のシュートのところで決定力がなく、ビブなしは非常に効率よくショートを決め、しかもポジショニングが良かったため、行くチームがシュートを打つときは必ず何枚かフォローに行っていたので、点が入らなかったと思います。

特に最終ラインのいっちゃん、けんぞーの2人とその前にいたタカさんの3枚でうまく守備意識を持って続けられたのではないかと思います。

前週も申しましたが、守備意識がないと失点する場面が多くなるので、その点3名は実行していたと思います。
ビブありチームもサッカーとしては非常に良くパスを繋いでいて、いいゲームだったと思いますが、失点場面を思い返して欲しいのですが、全て浮きだまの処理ミスまたはパスミスからの失点です。

サッカーなのでミスはつき物ですが同じミスをしないよう皆さん課題を見つけて今後の練習に取り組んでください。

特に浮きだま(味方ゴールに向かっているとき)の処理は今後改善の余地ありと思いました。

またビブなしチームは全体を通りしてずっとチーム内で声が出ていたので、すごく良かったと思います。
ビブありも声が出ている間はパスがつながるのですが、声が出ていないとき(浮き球処理のときもそう)はミスを重ねていたことを理解して欲しいです。

今度の日曜日は久しぶりの対外試合ですが、チーム一丸となって勝てるよう頑張りましょう!!!

細かい内容ですみませんが、気がついたので書きました。

BY にったコーチ

[PR]

敗者が書く

負けたチームがコメントを書く約束になっていたので、今回は、自分も一言気づいたことを書きたいと思います。
新田さんの言われたとおり、FCFJ はここ1年でずいぶん変わったと思います。以前より、「サッカーをするサッカーチーム」になったと思います。以前は練習のあとのいっぱいのためにきていた人もいたし、それはそれで個人的には好きでしたが、現在はみんな、サッカーをうまくなろうという意識がより高く、一緒にチームを作っていこうという意識が浸透していると思います。
しいていえば、プレー中にお互い助け合うことが大切ではないでしょうか。みんな意識がとても高くて、理想をもってプレーしていますが、なかなか全部が全部うまくいくわけではありません。それはプロも同じだし、FCFJなら、なおさらだと思います。
たとえば、中盤の選手がクサビのパスを前線に入れてワンツーを期待して、前へ走ります。ところが、FWはトラップミスをしてしまい、そこにパスが出せなかった。そういう時は、すぐに切り替えて次のところでボールを受ける。また、周りの選手も(なるべく簡単なところで)、パスを受けてあげる。
名前を出すのもどうかと思いますが、たとえば、デニスはそんなにサッカーがうまいわけではない。だから、ワンツーが帰ってこなかったり、時にはストレスもたまるでしょうが、そこはチームメイトなのだから、すぐに切り替えて、助けるのが大事ではないでしょうか。

それから、ミスをいつも想定して、前に行き過ぎないことも大事でしょう。最初の2,3本は新田さんチームがこちらのカウンターの餌食になっていたの思います。もちろん守備の意識というのが、大きいのですが、ただ人数をかけても点は取れません。しっかりディフェンスがいて、前でばかりでなく、時には後ろで受けたほうが、結果的にゴールに結びつくこともあるでしょう。

最後に、いまのところ去年の9月ごろから、個人的に勝てていません。次回、僕のチームの人はがんばってください、相手チームの人は頑張らないでください、

[PR]