カシの送別試合

長年FCFJ部員であったカシの本帰国が決まり、送別紅白試合を開催。
本人が選出したチームが2対1で快勝、本人も1得点と大活躍。
広島でも元気でサッカーを続け、いつの日かその勇姿を再び見せて欲しいものです。
カシ、いままで有り難う、そしてサッカ−魂を忘れずに!
渡邉俊哉

d0135799_13581441.jpg
d0135799_1413470.jpg

[PR]

2010年5月15日の練習

今回も気がついたことを書いちゃいます。

今回の練習のテーマは1対2、または2対1での攻撃の際のボールのもらい方など、試合中に実践しなければいけないシーンの練習だったのですが、特に気がついた点はパスの出し手とボールの貰い手のタイミング。

やはりボールをもらうときはマークについている人をいかにだまして距離を取ってボールをもらうかが鍵だと思います。

ただボールをもらうために、そこら辺をうろちょろしていても全くボールはいいタイミングで入ってこないので、一度大きなアクション(前方へ走り出したり)をとり、マークしている人間との距離を離して、ボールを受けに行けば、仮にトラップミス(試合中はありえるので)をしても時間的な余裕が出来るのではないかと思います。

あと途中、1対1のキープの練習をしましたが、これも非常に大事な練習で、タッチライン上でキープするときにかなり必要とする練習だと思います。

これについては、腰を落として、相手との距離を保つため、半身になってボールを相手から一番遠い位置でキープすることが肝心でしょう。
あとうまく手を使いながら相手を懐に入れさせないように意識できればうまくキープできると思います。

大川さんと一緒に練習したときに、最初は腰が高かったので簡単に取れましたが、途中注意しながら練習してたら、最後はしっかりとキープできていました。
これはすごい進歩で、次回は試合にいかせるよう心がけていただければ嬉しい限りです。

練習は試合のためのものなので、2時間の練習の中で一つでも多く技術を身に付けてください。


あと、これは試合のことですが、私はビブ無しだったのですが、最初のゲームは一方的に0対4での敗戦だったのですが、2試合以降チーム内での役割を決めた結果、2試合目、3試合目といいゲームが出来たと思います。
サッカーって同じメンバーでも、やり方を変えて、考えれば結果は変わってくるんです。
ビブ無しチームの方は試合をやっていく中で何か感じたことはなかったですか?

みんなで意見交換できればと思います。

個人的には練習はかなり厳しかったです。

得点力不足解消にまた練習に励みます。

[PR]

FCFJリーグ

先日お伝えしましたが今年からFCFJリーグというものを実施しています。

目的は練習の参加率アップと勝負へのこだわりです。

これはポイント制で半年に1回成績発表します。
最多ポイント獲得者。
得点王。
最多出席者。
MVP。
の4冠があります。

ポイントは
・練習、試合に参加すると1ポイント。
・練習時のゲームで最後の1本を対象に  勝ちチームのメンバーに3ポイント加算
                           得点者も最後の1本のみを対象とします。
・対外試合は参加1ポイント、得点は全ての試合が対象です。
・早退・遅刻・見学者もポイント加算します。

皆さん2日酔いでも頑張って参加してくださいね。
もちろん参加できなくても罰はありませんよ。


途中結果はできるだけまめにブログにて発表していきます。


西村

[PR]

# by fcfrankfurtjapan | 2010-04-30 06:10

4月24日 試合写真

d0135799_2213970.jpg
d0135799_2231275.jpg

[PR]

# by fcfrankfurtjapan | 2010-04-29 22:32

4月24日の試合

みなさん、今回は久々の試合で私自身感じたことを書きますね。

2チームに分けての試合だったので、まずは私自身が一番ひどかったの大きな声ではいえないのですが、シュートが入らないことが一番問題でしたね。
あとシュートチャンスをあまり作れなかったのもあると思う。

あとは個人的に感じたことはもう少し相手陣内でボールを持っているとき積極的にドリブルでチャレンジするのも一つの作戦としてあっても良いかと思います。

確かに相手に取られないようなパス回しも大切だと思うのですが、ここというときに中に切り込んでいってシュートまで行く姿勢というのを相手に見せて、そこから外への攻撃に切り替えるとかしても面白かったと感じました。

私自身、FCFJの試合では1点も取れなく恥ずかしいところですが、とりあえず気になったことを書いてみました。

今週は反省点を生かして、練習に励みます。

皆さん、宜しくお願いします。

にった

[PR]