<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年1月24日の練習 その2

新田コーチ、書き込みありがとうございます。 前半プラスアルファを追加報告します。

今回、タカさんとも練習後に話してすごく感じたのはやっぱり、コーチはすごいということ。
何がすごいかというと、練習の時間配分や休憩の取り方など、間の取り方が絶妙で、練習が自然に流れるところです。 残念長柄、僕らには今回出来ませんでした。テンポ悪すぎですね。 しかも、シュート練習のメニューをうっかり私が抜いてしまい、きつい練習にしてしまいました。この点みんなにお詫びします。 ごめんなさい。

次回は流れを(も)意識してやりたいと思いますので、ご協力のほどよろしくお願いします。
 
 さて、今週の練習ですが後半はすでに新田コーチが記してくれましたので、前半の部分を記します。

【メニュ】
1.ヘディングゲーム
2.2対2+2対2 (ディフェンスのシュート無し)
3.2対2+2対2 (ディフェンスのシュート有り)
4.ゲーム x 4

【コメント】
1.ヘディングゲーム 
 今週は若干25歳の新人【寺○さん】が見えたので、名前を覚えてもらうために実施しました。
 ただし、前回よりもルールを厳しくし、①パスの相手の名前を呼ぶだけでなく、ボールをもらう人も【はい】と返事をしなければ相手ボール。②相手チームからミスの指摘(名前を呼ばないなど)がなければ、ゲームを停めない。 という2つのルールを追加しました。
ゲーム進行にあたっては、比較的みんながミスを指摘してくれたのでスムーズにできたと思います。 相手の反則を指摘することもゲームでは必要ですので、はっきりと大きな声で指摘する人が出てきたことは先週よりも進歩です。

このゲームは先週に続き2回目ということもあり、みんなが慣れて攻守の切換えが早く、パスコースをつぶすのも早くなったと感じました。 中々点が入らず白熱したゲームになりUpのつもりがみんなかなり熱が入ってしまったのが計算外でしたが、楽しんでくれたのは何よりです。  
   
2.2対2+2対2(ディフェンスのシュート無し)
 先週同様。
 今週は経験者が多かった関係もあるのかと思いますが、シュート数が非常に多くなったと感じました。 特に1対1の場面でDFを崩し、シュートを試みる人が増えたと感じました。 
結構、最後のフィニッシュまで持っていけたケースが前回より増えてます。

余談ですが私は、なべさんに振り切られてシュートを打たれてしまい悔しい思いをしました。次回は確実にコースをつぶしシュートを打たせないようにがんばります。
 同じ思いをした方がいるかと思いますので、次回はぜひ阻止しましょう。


3.2対2+2対2(ディフェンスのシュート有り)
 2.と違う点は、センターラインを出なければ、ディフェンスもシュートしていいルールにしました。 その結果、2の時と違い、DFが積極的に攻撃に参加する動きを見せ、ボールをもらいに行く人が出てきました。 そのため、何度か3角形でボールをまわし、溜めを作り攻撃のチャンスを伺う動きができたFW組がありました。 また、DFの方もやたらと両サイドに分散せずに、センターとサイドをうまく使い分けて、シュートコースを邪魔するポジショニングができていたDF組もありました。 これらは進歩だと思います。 しかし、相手の動きに翻弄されて走りまわされているケースもありましたので、DF同士でよりコミュニュケーションが取れれば、相手のポジションに応じて、守備の引渡しやポジションン取りなど、より効率のよい(疲れない)DFができるのではと思いました。 やっぱり、声が出ているかいないかの差がここにも影響していたと思いますので、新田コーチが指摘してくれているように声を出してお互いどうして欲しいのかを表現していきましょう。

4.ゲーム
 新田コーチが書いてくれたので、内容は省略。

ビブス有りチーム:なべさん、敬さん、おみちゃん、航くん、新田コーチ、けんぞう、寺○さん(初)
ビブス無しチーム:タカさん、快くん、かごちゃん、クルクル加藤くん、俊輔くん、河○さん(敬さんの友人)、ひげまる

 朗かに、ビブス有りチームの方が経験豊富な人が多かったですが、ビブス無しチームが前半はそれなりに対抗していたのが印象的でした。 早めにボールを奪いに行き、前を向かせないという動作ができている時もありました。 しかし、後半は新田コーチが書いてくれた通り、攻撃に専念する余り、DFがだれもいない(もどれない)ケース等も発生してたので、次回は守備の意識と、周りとの役割の授受を意識したいですね。

【最後に】
個人的な趣味の部分もありますが、練習の終わりに横浜マリノスの本からサッカー戦術の基礎常識なる部分を紹介させてもらいました。 私はこれを読み、目から鱗となりました。 忘れていたことも紙で見ると思い出すもんですねぇ。 そして、もう一度意識しなければと思ったしだいです。 そんなわけで、 今週来れなかった方でも、本件に興味がある方は次回言ってくださいね。お見せします。

【News】
 今週、新しく25歳の新鋭【寺○さん】が新しく参加してくれましたのでみんなにお知らせしておきます。 先週【小○さん】、今週と2週連続で新しい方がお試しで来てくれました。 うれしい限りです。 もし、皆さんの身近にもサッカー好きがいましたらぜひ声を掛けてあげてください。

以上 ひげまる

[PR]

2009年1月24日の練習

またも途中参加なので、細かいことが書けませんが、最後の1時間のゲームの中で感じたことを書きたいと思います。

前回同様、フィールドプレーヤー4人、キーパーを1人つけて5対5のゲームですが、やはりミニゲームだと個人技術の差が非常に出てしまうことで、一つのミスが得点につながってしまう。でもミスは誰にでもあるので、その後頑張って戻る努力をする。
また3人目の動きがないと崩して得点をすることが難しいため、特に狭いスペースなのでワンツーなどを意識しているときは得点チャンスが生まれることが多かった気がしました。

ただ4人全員が上がったしまうケースもあり、カウンターを受けて失点する場面も何回かあったため、できれば最後の一人は状況を把握して、最終ラインに残る判断をしてもらいたい。

あと今回の練習でタカさんの守備の意識が高かったのが印象的でした。
私のマークについていましたが、うまく体を密着させていいタイミングで足を出していたと思います。2回も簡単に取られてしまい悔しい思いをしました。

これは個人的な意見で申し訳ございません。

最後に声を出すことをもう少し意識して欲しいと思いました。
特に疲れてくると声が出なくなりますが、一言大きな声を出すだけでどれだけ味方が助かるかを常に意識してこれからの練習に取り組んでください。

皆さん意見交換宜しくお願いします。

にったコーチ

[PR]

1月17日の練習

航に先を越されましたが、練習内容まとめます。

【メニュー】

 1.UP-ヘディングゲーム
 2.4対4(2対2+2対2)(*)
 3.トレーニング
    ボールキープ
    縦方向での1対1
 4.4対4(2対2+2対2)(*)
 5.4対4

 *2.4.は同一メニュー
  4対4、但しFW組とDF組に別れ、FW組は相手陣内、DF組は自陣内でしか
  プレーできないというルール。

【ポイント】

4対4のFW組の選手の動きに絞って
「体を使ったボールキープ」と「動き出しのタイミング」の改善を目的に
2つのトレーニングを行いました。

以下のポイントが練習中に挙がりました。

<個人技術>
 ボールキープ:半身になる
           手を使う
動き出しのタイミング:顔が上がるタイミングで動き出し、声をだす

<連携>
 DF組のサポート意識
 FW側の後ろを意識した守備

【良かった点】

・練習したこと(特にボールキープ)をゲームで試そうとしている人が多数みかけられた。

 よく言われることですが「ゲームを意識してトレーニングすること」は大事ですが、
 同時に「練習したことをゲームでやってみること」も大事なことだと思います。
 
・やっている人たちのなかから修正ポイントがでた。

 非常に難しいことですが、試合中でもとても重要なことです。
 試合中に修正できるチームは強いと思います。。。

【その他】
 
今回のUPのメニューは中川さんに紹介してもらいました。ありがとうございました。
やってみたいメニュー、また改善したいプレーなどありましたら是非とも連絡ください。

練習メニュー時間に関してはちょっと長くなっちゃいましたね。
ゲームと練習のバランスはみんなの意見を聞いて、ちょうどいい具合を目指せればよいかなと思います。

では。

かずや

[PR]

1月17日 の練習

みなさん、こんにちは、

新田さんがメールで今週の練習内容を書く人を探していたので、勝手ながら、ぼくがはじめさせていただきます。
といっても、詳しく説明するのではなく、自分の感想を本当は書きたいので、フォーマルな部分はほかの人にできたら、していただきたいです。

まず、今週も寒くて、グラウンドに雪が残っていたので、室内(フットサルコート)で2時間練習しました。今週は新田さんが途中参加ということもあり、カズさんが中心になって、初めの1時間はゲーム形式ではなく、練習をして、あとの1時間(40分くらいだったかな)はゲームを行いました。

練習の内容としては、まず、ハンドボールでアップ。ルールはボールが地面についてしまうと相手ボールになる。ディフェンス側のカットはなし、ゴールはヘディングだけ。パスを受けたら、動いてはいけない。パスを出すときは受け手の名前を言う。

そのあと、2対2や、1対1をして、最後はゲーム。(全部書くのが面倒くさくなってきてしまった。。。)

今回、個人的に気づいたこと

まず、カズさんが改めてサッカーをよく知っているなとおもったこと。いうことひとつひとつが理にかなっていて、自分でも同じことをいっていたと思います。プレーしているときはあまり喋らない(あまり同じチームだったことがないのかむしれない)気はするが、ミーティングのときやサッカー以外のときでも的確にアドバイスしてくれるコーチにはうってつけの人だと僕は思っています。
2対2の練習や1対1の練習もなるべく実践に近い形で練習しようとする目的がはっきりしていたと思います。
個人的には、練習してゲーム、そのゲームで出た課題をまた練習するというスタンスはとてもいいと思いますが、ただ、やはりプロを目指す人間ばかりではないし、ただサッカーをしたい、週1度ボールを蹴りたいという人たちにとっては少し練習時間が長かったかなとも、思います。そんなに意識が高いなら9時半から来て、先に練習したほうが良いと思うし、やっぱりゲームで学べるものは大きいと個人的には感じています。

これから、練習なので、帰ったらまた続き書きます。


[PR]

by FCFrankfurtJapan | 2009-01-20 23:15

1月10日(伊東さん、吉田さん、健太郎送別室内サッカー大会)

ご要望にお答えするため、試合結果をご報告します。

第一試合 A(黄色)VS B(オレンジ) 6対5
第二試合 B(オレンジ)VS C(赤)  6対4
第三試合 C(赤)VS A(黄色)    5対5
第四試合 A(黄色)VS B(オレンジ) 6対8
第五試合 B(オレンジ)VS C(赤)  1対4
第六試合 C(赤)VS A(黄色)    5対5

得点者 : 11点 航、新田
      7点  俊輔
      6点 カズヤ
      4点 西村さん
      2点 かごちゃん、いちくん、柏村さん、ひでさん、千勝さん
      1点 門さん、ネジさん、タカさん、古川さん、ボブさん、いつ、安永さん、
         ありんちゃん、なべさん、中川さん

ご報告遅くなりましたが、結果は上記の通りです。

1月10日はあいにく1週間前からの大雪のため、グランドコンディションが悪く、室内のサッカー場を2時間借りて、伊東さん、吉田さん、健太郎の送別試合を行いました。

3チームに分かれてリーグ戦を行い、チーム分けは下記の通りです。

結果 1位オレンジビブス 2勝2敗
   2位赤ビブス 1勝1敗2分け
   3位黄色ビブス 1勝1敗2分け
   (2位と3位は得失点差)
Aチーム(黄色ビブス)伊東さん、ナベさん、ありんちゃん、西村さん、航、ひでさん、門さん、かごちゃんの8名

Bチーム(オレンジビブス)吉田さん、中川さん、千勝さん、いちくん、ネジさん、おみ、柏村さん、いっせい、新田の9名

Cチーム(赤ビブス)健太郎、俊輔、カズヤ、タカさん、いつ、安永さん、ボブさん、古川さんの8名

順位を見ても分かるとおり非常に接戦でどこが勝ってもおかしくなかったです。
試合は毎試合見ごたえのある好ゲームばかりで、3点差ぐらいだと直ぐに逆転されてしまうぐらい緊張感のあるゲームでした。
特にミニサッカーだと個人技術が出てしまうので、基礎技術ができていないと、直ぐにボールをとられてしまう傾向がありますので、今後はその辺りの練習をできればと思います。

合計6試合ありましたが毎試合皆さんが勝負にこだわり、熱くそして楽しく2時間を楽しめたのではないでしょうか?

じつはこんなに皆さんが真剣にミニサッカーをやるとは思ってもいませんでした。
今回のように毎回ではないですが、勝ち負けにも少しこだわりながら、練習していきたいと思います。

ただ必ず楽しい事が前提ですが、、、

新田コーチより

[PR]

2009年1月3日(初蹴り)

新年明けましておめでとうございます。
2009年度もFCFJを宜しくお願いします。

新年1回目の練習ですが、予想に反して13名も参加してくれました。
参加者は、ナベさん、タカさん、吉田さん、ネジさん、西村さん、新田、ありんちゃん、航、健太郎、ゆう、俊輔、安永さん、いつ

10時から練習開始でしたが、その時点で11名だったのでまず最初に3対1、2対1に分かれてボール回し、その後4対2、4対1に分かれてボール回し。

次は若手メンバーとオーバー30メンバーで分かれて3対3のゲーム。
内容は先週とほぼ一緒で、最後の2ゲームは若手対オーバー30で3対3のトーナメントでの試合を行う。

残り1時間はミニゲーム 
6対7で15分x2本
6対6で10分1本(タカさん帰宅のため)

試合の内容は若手チームは航に書いてもらうとして、オーバー30のチームは全体で声が出ているときは非常にいいプレーをしていたと思いました。
特に3、4人と連続でパスがつながっているときは必ず3人目の動きを忘れずにできていたため、自然とパスがつながったと思いますし、そういう時はたいてい声もでています。
ただ途中で疲れてくると声が出なくなってきて、マークも付けない時間がやはりどこかで出てしまうため、無駄に失点をする場面があったと感じました。

特に2本目は若手チームが流動的にポジションを替えてきて、それについていけなく、最後は中央にスペースができてそこから得点されるパターンが2、3回あった気がします。

ただその時間以外は皆さん集中していて、サッカーを楽しんでいたのではないでしょうか?

私が後ろから見ていたときに、3、4人ときれいパスがつながったときは感動してしまいました。
皆さんもやればできるんだと自信を持って今後も練習に取り組んでください。

それでは今年一年皆さん頑張りましょう!

by 新田

[PR]

謹賀新年

d0135799_1594046.jpg


皆様明けましておめでとうございます.
今年もFCFJを宜しくお願いします.
[PR]

by fcfrankfurtjapan | 2009-01-04 02:15