<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


フランクフルトマラソン2008

10月26日に行われたフランクフルトマラソンにFCFJから3名出場し見事完走しました。
大穴のタカさんが4時間23分でゴールし、
吉田さん4時間45分、
いっせい君5時間13分
と皆さんの底力を見せてもらいました。

写真はゴール後にボブさんが撮影。

御三方体は大丈夫ですか?

d0135799_1854495.jpg

[PR]

by fcfrankfurtjapan | 2008-10-28 18:54 | お知らせ

ひさびさ ひさびさ

管理人

約4ヶ月振りに練習復帰.

前回、試合で身体が動いていなかったことを実感.

今回の練習では、先週に比べて身体が動いていたような氣がしたけど、

チームメイトとの連携がいまいち 汗

オウンゴールを演出するわぁ

決定的なゴールをはずすわぁ

で、昔の状態に逆戻りです.

少しずつ 身体を作り直して参ります.

[PR]

by fcfrankfurtjapan | 2008-10-26 03:29

Neurussheim戦レポート(ボブ)

サッカー素人、文章苦手ですがドイツ人戦のレポート書きます。

結果:0対3 

ポジション:前半40分
GK イトウ
DF 小林、籠谷、千勝、吉田 
MF かっつん、前田、新田、ぼぶ 
FW えのもと、昭和(黒い森のツートップ)

最初の10分はFCFJのディフェンス総崩れ、ドイツ人に
細かいパスを繋げられハーフラインも越えられないくらい押され続けるが無失点。

FCFJも次第にリズムを取り戻し決定的なチャンスも訪れるが得点ならず。

20分頃だったかドイツ人チームの再三のチャンスからこぼれた球を
強烈なシュートで先制される。 
GKイトウ素晴らしい反応でボールに触れるが、クリアしきれなかった事が失点の原因。

30分頃、2失点目はキーパーからのパスをカットされそのままゴール
完全な連係ミス、やってはいけない形での失点。

FCFJ少ないチャンスを生かせず前半終了。


ポジション:後半40分
GK ネジ
DF 小林、籠谷、千勝、吉田 
MF かっつん、前田、新田、ぼぶ 
FW おみ、昭和

15分 昭和→えのもと 両足が強烈につってしまった為
25分 ぼぶ→イトウ 両足が強烈につる寸前だった為


後半は前半の反省点を入れ順調な滑り出し、互角までは行かないが奮闘したFCFJ

15分 スーパー助っ人の昭和さん両足がつってしまう。
敵のドイツ人も含む4、5人で手当するが自力で歩けず担ぎ出されて交代。
その後、敵チームも一人交代。

25分 ぼぶもふくらはぎがつる寸前で交代(昭和さんの惨劇を観てビビってしまった)本人談。
30分過ぎだったかドイツ人チームに見事ディフェンスを崩され3点目を失う。

後半は前田→新田→かっつんへいいクロスなどあがったが、決めきれず終了。


完全な力負け。 
パスの精度、ボールのキープ力、メリハリのある動き、ディフェンスの連係
すべて向こうの方が上に感じた。

個人的には
敵のワンツーパスをディフェンスする方法をネジ先生に教えてもらい修正出来たので
良かった気もするが・・・単純なパスミス、1対1の弱さ、スタミナなど課題山積み。

チーム的には
今回負けていた部分は基本的なものばかりだし、
まだまだボールばかりを追ってしまうFCFJ、基礎的な練習が必要なのでは???

by ボブさん

[PR]

2008年10月18日の試合レポート

対 Neulußheim 0-3
メンバー GK 伊東 DF 小林、籠谷、吉田父、千勝 MF カズ、ボブ、勝田、新田
FW えのやん、昭和
交代 後半 えのやん→おみ、伊東→酒井、後半15分 昭和→えのやん
後半30分 ボブ→伊東

前半は開始から10分間は相手の怒涛の攻撃の前に防戦一方のFCFJだったが、この時間を何とか無失点に抑えて試合の流れを引き戻す。カズのロングボールが相手DFの裏へ抜けて、えのやんがGKと1対1になたがシュートが弱くゴールならず。ただこの時間当たりから試合をコントロールする時間が増えてきたが、15分ごろ左サイドから細かいパスをつながれ、最後は中央ペナルティーエリア外から強烈なシュートを決められ0対1となる。FCFJも何度かあった決定機に最後にシュートが打てずノーゴール。前半終了間際にミスから相手に得点を許し0対2で前半終了。
後半はお互い疲れてきたため、スペースができてきたので、FCFJも何度かチャンスをつくり、また相手も決定的チャンスを何度かはずすなど後半はオープンな試合展開になってきました。終了5分ぐらい前に3点目を入れられ0対3で試合終了。残念ながら今回も勝てなかったです。
毎回のことですが相手チームはサッカーを熟知していて、危ない場面では必ず2、3枚マークにつきこちらには決定的な仕事をさせず、攻撃時にはワンツーをうまく使いFCFJのマークを簡単にはずす術を知っていました。
今までとは違い、FCFJもボールばかり追いかけることはそれほどなかったのですが、やはり終盤になってくると疲れのためマークのずれがでてきて、今までの悪かったときの試合内容になる場面もありました。
ただ今回は12人でしかも40分ハーフということで今までとは違いペース配分も難しかったのではないでしょうか?
相手チームも今回はかなりメンバーをそろえていたとの事ですが、決して悪い内容ではなかったと思います。
今度試合をするときは今回の反省を含めて、生かせていければと思います。
皆さんも今回の試合を体験して、今までのサッカーとはちょっと違うと感じたかもしれませんが、意見等あったらどんどん話し合ってください。
今回参加された方たち、ご苦労様でした。
また黒い森から参加のえのやん、昭和さんも遠路はるばるご苦労様でした。

それでは意見したい方どうぞ。

[PR]

ドイツ人戦2008秋 選手団・応援団(二人のうちの一人)

d0135799_5541210.jpg

試合後のタイマー記念撮影です。落ち葉が季節を感じさせます。皆の表情からは試合内容が想像できません。いたずら好きの大人のような子供が約1名いますが、まもなくお別れかと思うと・・・ byいとう
[PR]

by fcfrankfurtjapan | 2008-10-19 05:58

ユーロJカップ2008選手団・応援団

d0135799_3402380.jpg

試合終了後の記念撮影です。 奥様、お嬢様、お父様の応援団、助っ人の弟と一緒に・・
カメラマン by いとう
[PR]

ユーロJカップ2008 N監督試合レポート

勝手に転載します。 いとう

対 やたがらす戦 1-2(得点者 オウンゴール(酒井説あり))

メンバー:GK 伊東
     DF 小林、籠谷、千勝、吉田 
     MF 一瀬、俊輔、前田、新田 
     FW 酒井、一斉

後半 千勝→中川 吉田→前田弟


対 REDS戦 1-0 (得点;酒井、アシスト;新田)
メンバー:GK 伊東
     DF 小林、籠谷、千勝、吉田
     MF 一瀬、俊輔、前田、新田
     FW 酒井、一斉

後半5分 酒井→中川(負傷のため)


対 ドバイ戦 0-1
メンバー:GK 伊東
     DF 小林、籠谷、千勝、前田弟
     MF 一瀬、俊輔、一斉、新田
     FW 前田、中川


試合内容;

対やたがらす戦

前半からお互いにシュートチャンスも多く、3、4点入っておかしくない試合だった。FCFJの攻撃は簡単にパスを繋ぎ、サイド攻撃を続け何回もチャンスを作ったが決定的なシュートが打てず1-1のまま終了間際にオウンゴールで敗戦。
ただ内容的にはポストに当たるシュートもあり、負け試合ではなかったと思います。


対REDS戦

第2戦目はREDSもベストメンバーをそろえての試合でした。
初戦を落としていたFCFJは気合を入れての試合運びで、特に前半戦はお互いにシュートチャンスもあり、前半10分ごろ酒井さんのループシュートでFCFJが先制し、試合の流れを引き寄せました。
ただ後半は相手が全員攻撃を仕掛けてきて、防戦一方の時間が10分ほど続きましたが、今大会絶好調の籠谷さんとGK伊東さんが体を張ってゴールを守り1-0のまま試合終了。
特に伊東さんは何度かあった決定的なピンチを防ぎ勝利に貢献してくれました。
あとこの試合で酒井さんが肉離れをし、負傷退場。
最終戦は12人で試合に臨むことになりました。

対ドバイ戦

この試合勝てば1位通過が決まるFCFJは試合前から気合十分で試合に臨みました。
試合は前半からFCFJペースでFWにカズヤを置き、前線でボールをキープし、押し上げて攻撃をする作戦で、いい流れで試合を支配していました。
前半終了間際に相手の幸運なゴールで0-1になり、後半はさらに攻撃的になったFCFJの猛攻が始まりました。ただ最後のところでドバイチームに踏ん張られ0-1のまま試合終了。残念ながら勝利できず1勝2敗で日程を終了。
ドバイチームは本当に良く走るチームで、特別うまい選手はいませんでしたが、11人全員が30分間走り回っているのには感心させられました。

今大会を振り返って、前大会と違って今回は最少人数での大会参加となりましたが、非常にチームとしてまとまって大会を終了できたのではないでしょうか。試合内容も過去の大会ではほとんど攻撃パターンが作れず、0-0で終わるような試合が多かったのですが、今回は毎試合得点チャンスが生まれるような予感がある試合運びができたと思います。
特にMFから前の選手たちは簡単にボールを繋ぎ、サイドへ預けてセンタリングをするところまではいい形になっていたと思います。ただ最後のセンタリングの精度が悪いため、相手DFのクリアされていました。
クロスの練習を今後の課題としていきたいと考えております。
またDFも今大会、特に2戦目では完璧ともいうべき内容で守備をしておりましたが、1戦目、3戦目の失点シーンではペナルティーエリア内で落ちたボールの処理を誤ったため、失点するシーンがありました。普段の練習ではあのような状況でのシーンが少なかったため、処理のタイミングを誤ってしまった感がありましたが、今後はあのようなシーンでの練習を取り入れたいとの皆さんからの要望がありましたので、課題としてやっていければと思っております。

今大会のMVPと言うことですが、個人的には一人を選ぶというのは難しいところです。それだけ今大会は皆さんのプレーがチームとして機能していたことかと思います。酒井さんは今大会唯一の得点者ですし、一瀬君はボランチで相手の攻撃の目をつぶしてくれましたし、籠谷さんも体を張ったプレーをしてチームのピンチを救ってくれました。
伊東さんも今回GKとして参加していただきましたが、ファインプレーを何本もしてチームを救ってくれました。

満月での飲み会では小林さんよりMVPと言うことで籠谷さんが選ばれましたが、監督としては上記4名(酒井さん、一瀬君、籠谷さん、伊東さん)の方に今大会のMVPに選びたいと思います。
本当は全員に上げたいところですけどね。

[PR]