<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


6月28日の練習

(いとう記、やっちゃん記のブログが少ないぞ!ブログ書き込みしたい人はやっちゃんにメールで申し出て下さい)
今日も先週同様、ミニサッカー大会出席可能メンバーとそうでないメンバーに分かれてゲームを行いました。早朝練習も行われ、グランドに着いた時は、「お、サッカーの練習風景!」という雰囲気がとても良かったのですが、いつものピッチが使用できず、奥の土のグランドでの練習でした。雑感に記した私の足首は完治しておらず、12日の試合はもとより明日のゴルフコンペが心配です。人数調整の関係でそうでないメンバー側のキーパーとなり、出席可能メンバーのプレーを興味深く眺めていました。FCFJは、色々なバックグラウンドの人の集合体なので、通常以上に「自分が何をしたいか」を相手に伝えることが重要です。個人的には、「何をしたいか」のなかに、相手はもとより味方も想像しないような「意外性のあるプレー」がサッカーの醍醐味のひとつであり、得点のチャンスが高くなると思います。その意外性のあるプレーを得点に結びつけるためにも、練習中の「声」や試合後のミーティングinマンナ、ブログ等でコミュニケーションの充実を図るべきだと思います。
私の思うミニサッカー大会の戦略を列挙します。異論がある人はどんどんコメントして下さい。
対戦チームの人も(もしこのブログを見ていたら)是非参考にして下さい。
1.半面でフィールドプレイヤー6人 → いつも以上にスペースが広くなる。 → 自分のポジションにこだわると相手の思うつぼ → 集散(特に集)、ポジションチェンジをより意識する
2.キーパー付き → 2mX5m+キーパーなので、フルの試合よりもロングシュートの決まる確率は低くなる → いつものパス突破、+コーナーからのダイレクトorヘディングが有効
3.優勝のキーはケンタロー → お父さん、宜しく!

来週は半面ピッチでの練習が出来るといいですね!鬼のいない間にみんな頑張りましょう!

[PR]

6月24日 雑感

ついに管理人よりパスワードを伝授してもらえましたいとうです。テストがてら早速一言を・・・

EM2008の試合の無い2日間がまもなく終わろうとしています。準々決勝4試合、最初の試合の感激と感動を引きずりながら残りの3試合をTV観戦しましたが、終わった後の虚しさは、もう、恋なのか・・・・(知らない人が多いと思いますが) 2位チームが3勝、延長戦突入が3試合とそれなりの準々決勝でした。 気を取り直して明日からの準決勝に臨みます。2年前もしなかった、ドイツ国旗を車につけて走る爽快感を21日18:00より味わっています。29日まで続けたい・・・ 怪我人&累積警告によるお風呂屋さん(これも古いか)の戦力ダウンを願っています。(タカさん、すみません)
21日といえば、練習中ひねった右足首が(その時は激痛、5分後には練習復帰できたのに)帰宅後2時間したら足がつけないほど痛み始め、あわてて湿布しました。腫れもひき、痛みも治まってきましたが、28日の練習に参加できなかったら未だ治っていないんだな、と思って下さい。

[PR]

by fcfrankfurtjapan | 2008-06-25 02:41

6月21日の練習

今回の練習は3週間後に控えたミニサッカー大会のメンバー(黄色)対行かれないメーンバー(オレンジ)でのハーフコートでのゲームを行いました。
大会当日のルールとは違いますが、8対8で試合を行い選手交代は自由で20分ハーフを4本行いました。
試合内容はともかく、オレンジチームは時間が立つに連れて内容がよくなってきました。
最初の2本目まではどこでボールをとるとか、どの位置でボールを出すのか明確ではなかったのですが、3本目以降は中盤でのダイレクトパスもつながるようになり、何度か形ができたと思います。ただバックラインでボールを持ったときのパスミスは致命的になるので、あと2週間の間に皆さんでどのように対応していくか話し合っていければと思います。

皆さんの真剣な態度での参加はコーチとしてもやりがいのあることです。
21日の練習はみんなが一生懸命大会に望むんだという強い意志を感じることができましたので、皆さん頑張って優勝しましょう。

[PR]

6月14日の練習

出席率の高い人達の休みが多かったのにゲストも含めて22-23人という
大人数、(EMの影響大)
7月のミニサッカー参加への見通しも立ち、益々盛り上がって来ましたね。
(ワシだけ?!)

私にはとてもオミのように参加者列挙出来ませんがお許しください。
大ゲームの時に今ひとつだったビブなしチームが半面になってからの巻き返しは
目を見張るものがありましたね。外から見ている限りでは「やらなければいけない事」
をみんながキチンとしていたという印象が強かったです。いつも言うけど狭いグランドだからこそ
高い位置からキチンとプレッシャー掛けてディフェンスの仕事を手伝ってあげる中盤が
いないとミニゲームは不利になると思いますね。そういう部分がビブチームは気薄だった
と思います。
普段は出来るだけ人数比率を大グランドに合わせて考えるようにしてるんだけど
7月12日の対策として人数を調整したハーフコート月間にするっていうのは
どうかな?

皆さん感想、意見書き込んでね。

やっちゃん

[PR]

by fcfrankfurtjapan | 2008-06-16 19:13

2008年6月7日の練習

メンバーは何度も入ったり出たりだったので、今回は記載しません。
それより今回の練習時はにしさんがDVDを撮っていましたが、メールでも書いてありましたが、ご購入できるということで各自自分のプレーを見てみるのもいい機会ではないでしょうか?
さてこの間の練習は、ミニゲームから大ゲーム、そしてまたミニゲームをグランドの広さが頻繁にかわったため、試合内容もその都度流れが変わってきてました。
特に目に付いたのではパスを出した後熱かったのもありますが、見方へのフォローがなかったように思います。
先日(金曜日)に平日練習をしましたが、そのときやっちゃんとも話したのですが、FCFJの人たちはボールを出した後、フォローに行かないことが多いということでした。
こういったプレーは常日頃から練習していないと動きが分からないため、平日練習のときにこういったプレーの練習をできれば良いのではないかと考えております。6日の平日練習は非常に
内容の濃い練習ができたと思っております。
参加してくれたいっせい、かず、かい、やっちゃんの意見もください。
今後の練習に取り入れていきたく考えております。
また皆さんの意見もどんどん出し合っていけるようなチームになって欲しいです。
以上

2008年5月24日

昨日は、遅れて来たり、コーチは、足を怪我していて、途中まで審判をやっていたのに結局参加するし・・・覚えるのもたいへんでした・・・(-_-;)ということで・・・

チーム分け:

本当に本帰国のかたやんチーム
(DF)さかいさん ふるさん かわし いとうさん
(MF)じゃらあど(初参加) かたやん らあす(特別参加 ?_?)こう ケンタロー父
(FW)ありん ケンタロー

怪我なのに参加してしてしまったコーチチーム:
(DF)かどさん やっちゃん にしさん
(MF)あきら かい たかさん まえださん ひげまるさん
(FW)コーチ けんた OMI

かたやんチームの方は、3バックのときには、真ん中の底でしっかり機能していたふるさんも、途中参戦のかわしが入って4バックになってからは、完全に消えてしまったようでした...片方のサイドバックが上がっている時には、残りの3人がそれを補って守備陣形を作らないといけないのに、反対のサイドも横に広がったり、空いてしまったサイドに誰も入らなかったりと、守備に課題が残っていたようでした.基本的には、かたやん らあす こうの3人でパスを繋げていって攻撃を作っていくパターンがほとんどで、ありん曰く「3人からほとんどパスをもらえなかった」そうでしたが、ありんさんに対してこう曰く、「左右に動いて、ボールを落としてもらうより、前線の真ん中でどっかりと構えて落としてもらった方がいい」とのことでした.何より、かたやんチームで光っていたのは、やっぱりケンタロー父の動き!でした.

怪我をしていたのにやっぱり途中参加してしまったサッカー好きのコーチチームは・・・にしさんが相手チームのファインシュートをハンドする反則をしたりしたけど、かたやん−らあす−こうの強力ドリブラーを相手に、それも途中までは1人少なかったのに、結構いい守備をしていました.何より一番目立ったのは、自分から立候補してトップ下に立ったたかさん!今までふぬけた動きをしていたけんたに喝を入れたり、最後の最後で、記憶が正しければ、コーチからのパスをしっかりと決めました.かいもまえださんと入れ替わりながら、たかさんの活躍をサポートつつ、自分もとてもクールなヘディングシュートを決めていました.OMIもコーチからのヘディング強制弾丸パスをしっかりと顔面にぶつけてもらって奮起したのか、怖がらずにらしくヘディングを一度したり、その前には、しっかりとトラップして右足のインステップでしっかりとシュート!ゴールを決めました.けれど、まえださんからは、“もっと下がって”と何回も言われ、守備に移る時のFWとしてのポジショニングにまだ課題を残していました.戦術の細かいところは、覚えていませんが、結構楽しくサッカーを出来たような印象でした.

他に書き足りないプレー等あったらどうぞコメント下さい.
ではでは

[PR]